High Tech Note

技術の変化はますます激しくなり、僕は自分が過去に何を考えていたのか、いつそれを考えていたのか、すぐに判らなくなってしまう。

NeXTがんばれ
1990年、NeXTコンピュータが離陸してから、1997年の今に至るまで、結局だれも新しいチャレンジをしていない。 [ 1997.12.07 ]
Macintosh が実現したもの
1984年に Macintosh が提示した GUI へのアプローチは何だったか? [ 1997.12.08 ]
Be がんばれ
1996年に入って、突然新しい OS がパソコン市場に参入した。BeOSだ。 [ 1997.12.08 ]
GigaBit Ethernet : 後ろ向きの先端技術
突然我々の前に現れた新技術、GigaBit Ethernet は、しかしその技術は非常に後ろ向きだ。ATMに否定的なユーザが飛びつくと思われる後ろ向きの技術、あまり良い話ではない。 [ 1997.12.18 ]
不変の識別子を持つ
ネットワーク上のポインタは全て不変の識別子であるべきだ。ドメイン名を売り買いしている場合ではない。 [ 1998.06.06 ]
電子世界の出版と蓄積
電子世界の出版は蓄積とイコールだ。しかしそれを意識しない今の WWW は、いずれゴミの山と化すだろう。どうすればいい? [ 1998.06.06 ]
DNS 以前、以後
現在ドメイン名は一つの危機に直面している。それは技術的な問題ではない。 [ 1998.06.06 ]
PDFで電子出版?
PDFで Web page を構成することで電子出版ができたわけではない。出版過程が電子化されただけだ。そしてその成果物は二次利用可能性が低いという致命的な欠落がある。 [ 1998.06.06 ]
HTMLの文書構造記述の価値
HTMLはWeb の普及と共に広がった。しかし広まって良かったかどうかは難しいところだ。Web と共に HTMLが大きな問題を中に抱えているからだ。 [ 1998.06.06 ]
Webの功罪
Webがネットに与えた影響は良いものもあるが悪いものもある。Webは何故このような構成をとったのだろうか。 [ 1998.06.06 ]
何故ドメイン名を争うのか
Easy to guess な URL を求めてドメイン名を奪いあうのは、まるで Easy to remember な IP address を求めて SRI-NIC にクレームを出すようなものだ。DNS がそのような行動を無意味にした事を何故皆忘れてしまったのか? [ 1998.06.06 ]
BeOS もっとがんばれ
やはり 90 年代は OS 冬の時代のようだ。一年間で多くのことが起きたが、明るい話題は決して多くない。BeOS もっとがんばれ。 [ 1998.12.04 ]
GigaBit Ethernet も少しは前向きに
GigaBit Ethernet がEthernet 互換を破る 6K 長のロングパケットを策定しはじめた。GigaBit Ethernet には珍しい前向きのアプローチだ。期待したい。 [ 1998.12.13 ]
ボクラノミライ
僕らが子供の頃に見た未来像と、現在の未来像はかなり違っている。僕らの未来はどこにあるのだろう。 [ 1999.01.04 ]
データベースの時代
データベースが企業の基幹システムに利用されるようになって久しい。しかし僕はもっともっとデータベースが多く利用される時代が来ると思っている。 [ 1999.01.05 ]
Thin Server と Narrowcast
Thin Server は今後ネットの中で重要度を増し、Narrowcastとともに広がっていくだろう。現在の集中コンテンツとRead Onlyユーザという構図から脱却し、Thin Server と Narrowcast という構図へと移行するするのである。 [ 1999.03.25 ]
全ての機器をネットに
全ての家電機器がネットに接続される日は近い。そのとき、あなたの生活はどのようになるだろうか。今の生活には何が欠けているのだろう。 [ 1999.04.01 ]
プログラミングの時代
かつてプログラミングはコンピュータを使う事と同義だった。コンピュータの中で過ごす時間が増えた今、そして将来、プログラミングが生活することと同義になる時代は来るのか? [ 1999.04.10 ]
大きさを制約するものは何か
小ささを求めると、キーボードはバーチャルなものになる。エアタイプの出現だ。 [ 1999.04.10 ]
iModeの着地点
非常に機能を制約したWWWであるiModeサービスが発表された。僕はこのシステムがどこまで広がるか、その可能性を考えている。 [ 1999.04.26 ]
ユーザインタフェイスなんて要らない
非常に機能を制約したWWWであるiModeサービスが発表された。僕はこのシステムがどこまで広がるか、その可能性を考えている。 [ 1999.04.26 ]
より単純に
ダブルクリックは難しいインタフェイスなのか。メディアリッチな端末に似合う、高い自由度と表現力を備えたマン・マシン・インタフェイスは無いのか。 [ 1999.04.26 ]
変化のなかで
T先生はポケットベル、PHS、携帯電話への変化が早すぎる、という。 [ 1999.09.09 ]
開発の傾向
情報産業分野でのものごとの進み方は余りにも速い。 [ 1999.09.09 ]
WWWと電子メイル
現在の市場には何かと言えばWWWと電子メイルで作り上げたものばかりが目立つ。そればかり工夫しても駄目だ。それらを超えるアプリケーションを作らなければならない。 [ 1999.09.09 ]
くたばれSPAM
SPAMをどう回避したら良いのか。その原因はどこにあるのだろう。 [ 1999.09.09 ]
デジタルテレビの行く先
デジタルテレビ放送が始まる。これが進歩なのかどうか僕にはわからない。 [ 1999.09.09 ]
Y2Kが起こした事
2000年問題が僕らに教えてくれたネットワークシステムのテストの困難さについて考えよう。 [ 2000.01.01 ]
30年後の未来
僕らは30年後の未来を夢見る事が出来るだろうか。僕らは30年後の未来に耐えられるだろうか。 [ 2000.02.01 ]
支払いはするっと関西でね
若い世代にとって、現金ではないお金の現実性は、夢にまで出てくるほど高いようだ。 [ 2000.02.01 ]
永久ドメイン取得
ネットワークに永久に残るドキュメントを作ることは出来るのだろうか。 [ 2001.02.19 ]
所有する音楽
音楽を所有すると言う概念は我々には必要なのだろうか。 [ 2001.02.21 ]
品質はどこまで下がるか?
CD,MD,MP3と、音楽の品質は新しいほど下がる傾向にある。DVDもまたしかり。 [ 2001.02.21 ]
今日はベトナムのビットが安いよ
安いビットを効率良く買うことが家庭の通信費を下げ、ネットの効率を上げる。 [ 2001.02.22 ]
隣組的番組購入計画
番組のようなデータを転送する際、できるだけ無駄なトラフィックを押えるにはどうすればいいだろう。 [ 2001.02.22 ]
カメラサーファー
ブロードバンド革命と言うが、そこで提供される番組の中身はどう変わるのだろう。 [ 2001.02.22 ]
bit従量課金
もう書いても良いだろう。従量課金制のことだ。 [ 2001.06.12 ]
メディアがビットをただにするか?
経路の価格は経路以外の要素で決まるだろうか? [ 2001.06.12 ]
くたばれSPAM
ecash のついてないメイルなんか読まないようにすればSPAMなんか確実に防げる。 [ 2001.06.13 ]
投資分配の変化、集中から自己分散へ
大規模システムの構築に必要な投資は、いまやシステム提供者(プロバイダ)とユーザの両方で行なわれている。このモデルはいつまで続くのだろう? [ 2002.09.01 ]
波打つコンピュータ
コンピュータは同期回路技術と共に進んできた。しかし当初予定していなかった物理限界に近付くほどに、非同期回路へ傾いていくはずだ。 [ 2002.10.02 ]
アプリケーション別従量課金?
従量課金の話は何故か常にアプリケーション別課金システムとセットで現れる。当然それはインターネットにおいてはうまく機能しない。 [ 2004.04.22 ]
個人情報漏洩とセキュリティ対策
個人情報を末端から漏洩させないようにするために、さてシステムは何をしてくれるだろう? [ 2005.04.22 ]